以前の記事で、サイキック・アタック(霊症)と除霊の必要性について書いたわけですが、霊症を避ける方法としての護符についてお話します。

パワーストーンは、石の持つ波動やそこにエネルギーをチャージしたものですが、護符は法力(不思議な力)によって邪気から身を守る、いわゆるお守りです。

お守りの効力とは?

お守りは、見えない力であなたを守るもので、例えるとしたら剣道の防具みたいなものです。
有効期間は1年、お札などとも共通で、期間が過ぎたら神社やお寺の返納所にお返しします。
願いが叶ったり、事故などから守ってもらった場合も返納します。

お守りの中には何が入っているのか?

お守りの中には、呪文が書いた紙が入っていたり、5円玉が入っていたり、金属の仏様がはいっていたり、中には石や塩が入っているものあります。
要は、念やエネルギーを入れるための入れ物が入っています。

お守りは信じないと効果がないのか?

お守りは、基本的に信じても信じなくても効きます。
身につけたりカバンに入れている時点で信じていることになりますし、試してやろうと思って持っていると、逆の効き方をする場合もあります。
効果は、お守りの性質(性格)によって効き方はさまざまです。

 

サイキックアタックから身を守るためにお守りを身につけた方がよい3つの理由

  1. お守りを持っているという安心感で気持ちがプラスになりやすい。
  2. お守りを持つことで体がプラスのエネルギーに満ちた状態になりやすい。
  3. お守りが結界を張った状態をつくり生霊や死霊を弾いてくれるいわゆる防具。

まとめ

お守りの有効期限は1年、願いが叶ったり、守ってもらったと思ったら返納所へ返す
お守りは信じても信じなくても効く
お守りは気持ちやエネルギーをプラスにもっていきやすく、結界を張った状態で死霊や生霊から守ってくれる。

私たちは、毎日いろいろなところでサイキック・アタック(霊症)をもらったりしますが、お守りをもつこと=防具をつけることになります。

お守りならなんでもいかというとそうではありません。安産や受験のお守りでサイキック・アタックは防げないと思いますので、防具になるお守りを持っていただけたらと思います。

The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】