mes121

私のホームページのタイトルは、霊界通信なのですが、英語でなんというのかと思いgoogle翻訳で訳してみました。

霊界通信=Spirit Wold Communication

めっちゃ直訳やなぁと思いつつも、ホームページタイトルの霊界通信のあとに付け足しました。(今では、霊界通信 Spirit Wold Communicationとなっています)

さて、なぜ私のホームページのタイトルが霊界通信というのかですが・・・私は、わからないことは霊界に聞くという手法をとっているからなのです。

答えてくれるのは、私の指導霊の場合が多いですが、たとえば他の霊体…不動明王や弁財天、護法魔王尊などのに聞くこともできます。

一般的に男性は、気とかエネルギーを使うことを得意とし、女性は霊体との通信を得意とします。私の場合、なぜか両方できます。ただ、通信に関しては女性ほどの感度はありません。しかし、必要最低限の通信能力というか、会話はできます。

なので、わからないことを霊界に通信して聞くので、霊界通信と名づけたわけです。

霊界通信ができて便利なこと

自分が知らないことでも、霊界に聞けば、だいたいわかります。

たとえば、私はお守りを販売していて、その値段を決める時も、いくらにしたらいいか霊界に聞いています。

霊界に聞けば、私利私欲に関すること以外はちゃんと答えてくれます(笑)

なぜ、霊界通信ができることに気づいたのか

私が霊界通信ができると気づいたのは、タロット占いをしていて、カードを握った瞬間に答えがわかったときです。

カードを並べなくても、シャッフルしてカードを揃えた瞬間にインスピレーションが降りてきて、答えが一瞬でわかり、そうこうしているうちに、カードを使う必要がなくなりました。

カード切らんでも答えわかるやん(笑)

そう思い、それから霊界通信をするようになりました。

なので、私の場合は、エネルギー(気や霊力)を使うのと同時に霊界と通信して問題を解決するので、一般的に難しいといわれていることが最小のプロセスで適切に解決できます。

The following two tabs change content below.
幼少の時から霊媒体質で、10歳から18歳まで神道で修行をする。 15歳の時に、学校の図書館で気功の本に出会い、その通りやったらすぐできるも、飽きて2週間でやめる。 社会人になり、霊媒体質のため、日常生活で憑依されることがおおく、その対策のため、密教の作法、レイキを学びフル活用する。 人見知りで、他人の目を見て話すことができなかったため、コミュニケーションについて徹底的に学び克服、その背景には、催眠、NLPがある。 金融・不動産・ネット通販に精通している。 宅地建物取引士・行政書士

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】