貴船神社

除霊を通じて、現世を生きやすくする霊能力者 柳生 忠司です。

今日は、知らず知らずのうちに受けていたり、飛ばしていたりする生霊についてお話したいと思います。

生霊(いきりょう)ときくと、怖いという方もおおいわけですが、あなた自身も生霊を飛ばしているとしたらどうですか?

生霊とは何か?

生霊を説明する前に、先に霊とはなにかについて定義しておきますね。

霊とは?

今回は、わかりやすいよう霊を3つにわけます。

死霊
死んだ人の霊(魂)
生霊
人の想い、念、想念
神霊・自然霊
神様・龍神・きつねなど

生霊とは

生霊とは、生きている(いた)人の想いです。
妬みや嫉妬などと一般的にいわれていますが・・・

たとえば、私が、●●さんに電話して、●●さん忙しかったから電話出てくれなかったんですよ。

そのときに、「電話でないな、チッ!」って思ったら、その瞬間に生霊が飛んでるんですね。

「こいつ!(イラッ)」ってなったら、生霊が飛んでますし、
「電話でんかい!チッ(イラッ)」って場合も、もれなく生霊飛んでます(笑)

ですから、生霊を飛ばしたり、呪ったりするつもりがなくても、知らず知らずのうちに生霊を飛ばしていたりします。

生霊が形を変えると・・・

丑の刻参りとかあるじゃないですか!
あれ、呪術ですが、呪いだし、生霊なんですよね(汗)

妬みや嫉妬、怒りや憎しみなどが形を変えて生霊となります。

あまり知られてないのですが、生霊って、他人を攻撃するだけではなく、同時に自分も攻撃します。
ですから、他人に生霊を飛ばすと、もれなく自分にも帰ってきますので、結局は自分の体を痛めることになります。

丑の刻参りなどで、自分に帰ってこないようにするための呪い返しというのがありますが、霊界に効いてみると気休め程度でほとんど効かないそうです。

私なにも悪いことしていないのに・・・

生霊の話をすると、ほんと、よくいわれることがあります。

それは、・・・

「私なんにも悪い子としてないのに・・・」

です。

生霊って、他人がかってに飛ばしてくる想いなんで、別にその人に悪いことしたとか、しないとか全く関係ないんですね。

ですから、テレビ出ている芸能人とか、テレビの向こう側にいる人、全く会ったこともない人から生霊が飛んできます。

はっきり言って、思うの勝手じゃないですか!

ですから、生霊を飛ばす側からすれば、あなたが悪いことしたかどうか、それ以前に知っている人かどうかなんて全く関係ないわけなのです。

生霊はどのように対策したらいいのか?

生霊対策ですが、簡単にできるのは、この2つです。

エネルギーレベルを上げる
エネルギーレベルを上げるというのは、体の調子を良くすることです。
メンテナンス(運動・食事・睡眠)をする。そして鍛える。
調子が良くなると、霊障をもらっても影響を受けにくいです。
定期的に生霊を祓う
定期的に祓う方法は、以前にご紹介した記事 【保存版】簡単にできる除霊方法 に書いていますが、電気風呂に入るとか、お風呂に日本酒と天然塩を入れて入るとか、頭の上に塩を乗せてシャワーするなどです。

それでも取れない生霊はどうすればいいのか?

それでも取れないものは、除霊するしかないです。
稀に、放って置いたらとれるときもありますが、まあとれないです。

体に霊を憑けたままにしておくと、生命エネルギーも、運も下がりますから、早めに祓ったほうがいいです。

自分でやってとれないものは、除霊できる人にお願いするか、それとも自分でできるようになるかどちらかです。

もし、除霊できる人がいなかったりする場合は、私にいっていただいたらいいです。

それと、また除霊のやり方をお教えするセミナー(講習会)も開催しますので、よろしければその時言ってくださいね。


今日のお話はここまでです。

The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】