あけましておめでとうございます。

私は、年末年始の7日間、体と心と頭をよく休めることができました。

さて、年の始めなので、どんなお話をしようかと思いながら書いていますが、今回は、”誰にお願いするか?”ということについてお話したいと思います。

今年、私が初詣に行ったのは”松ヶ崎大黒天”です。

そして、大黒様にお願いしたのは、ズバリ仕事とお金のことです。


正直言って、特に仕事にも、お金にも困っているわけではありませんが、なぜ私は、仕事とお金のことをお願いしたのでしょうか?


それは・・・神様にも得手不得手があるからです。


たとえば、八坂神社へ行って、素戔嗚尊(すさのおのみこと)に、”今年こそは素敵な彼女(彼氏)が欲しい”と恋愛のお願いをしたらうまくいくでしょうか?

素戔嗚尊は、暴れん坊で力の神様なので、正直いって恋愛をお願いしてもあまりうまくいくとは思えません。

それどころか、奥様の櫛名田比売(くしなだひめ)ともうまくいっているのかどうかも定かでありません。


もうひとつ、たとえば不動明王にお金や商売のことをお願いしてうまくいくでしょうか。

不動明王は、お金や商売よりも”だれかを守ること”が得意なので、あまりうまくいくとは思えません。

いくら神様(仏様)といえど、全知全能ではないので、得手不得手があるということです。

たとえば、

  • 素戔嗚尊であれば、力(エネルギー)
  • 観世音菩薩(かんのん)なら、慈悲と救済
  • 薬師如来(やくしにょらい)は体や病気
  • 辨財天(べんざいてん)は、美と才能とお金
  • 大黒天(だいこくてん)は、胆力とお金

今年の初詣は、流れで大黒天をお詣りすることになったので、仕事とお金のことをお願いしたわけです。

もし、えびす神社に行ったとすれば、”ご縁”について、自分が今必要なことをお願いしたと思います。

なぜならば、神社でも寺でもお詣りに行くのであれば、お祀りされている神様の得意なことをお願いすることが、お願いをきいてもらう秘訣だからです。

もし、あなたが今後、神社や寺に行くのであれば、神様の得手不得手を意識してお詣りしていただきたいと思います。

それだけで、神様にお願いをきいてもらえるようになります。

私のセミナーやお茶会では、もっと深いレアな情報をお伝えしていますので、興味のある方は是非お越しください。

今日は、神様にお願いをきいてもらえる秘訣についてお話しました。

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】