※この記事は2016年6月6日、スピリチュアル・ネクストに寄稿したものを再編しています


新月の願いとは、月に願いをかけることです。

新月と満月は、月の引力が一番強くなる時で、エネルギー的な影響を受けるといわれています。

新月の願いは、新月から48時間有効と言われていますが、霊界に聞いてみると72時間ぐらい有効だそうです。

そして、ボイドタイムは他の惑星の影響を受けるので、外したほうがいいようです。

ボイドタイムとは、月と地球の間に惑星が入って月のエネルギーが直接地球に届かない時間のことです。

元アメリカ大統領のレーガンは、会議をするときにボイドタイムを外していたと言われています。


新月の願いの手順


  • 願いは10個まで
  • 過去完了形で書く
  • 最後に日付を書き署名をする
  • ボイドタイムは避ける



※注意事項
自分が本当に実現したいと強く思うことを書く

いままで、ほぼ毎月やってるんですが、忘れた頃に結構叶ったりしてます。

もちろん、今すぐに叶うこともありましたし、1年後ぐらいの忘れたことに叶っていたこともありました。

ぜひ新月の願いやってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
幼少の時から霊媒体質で、10歳から18歳まで神道で修行をする。 15歳の時に、学校の図書館で気功の本に出会い、その通りやったらすぐできるも、飽きて2週間でやめる。 社会人になり、霊媒体質のため、日常生活で憑依されることがおおく、その対策のため、密教の作法、レイキを学びフル活用する。 人見知りで、他人の目を見て話すことができなかったため、コミュニケーションについて徹底的に学び克服、その背景には、催眠、NLPがある。 金融・不動産・ネット通販に精通している。 宅地建物取引士・行政書士
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】