鏡映し

こんにちは、除霊を通じて現世を生きやすくする霊能力者 柳生 忠司です。

前回の記事、鏡の法則(セルフイメージと現実、その1)で、セルフイメージを下げる言動は慎むべきというお話をさせていただきました。

自己対話(セルフトーク)

今回は、その続きで”自分との対話”についてお話させていただきたいと思います。

人は1日何万回も無意識のうちに自己対話をしているそうです。別な言い方をすると、1日何万回もセルフトークをしているわけですが、その内容があなたのセルフイメージを形成します。

たとえば、なにかうまくいかない状況が起こったとき、どのようなセルフトークをしているでしょうか。

”あー、ダメだ、またか!”
”また、うまくいかないじゃないか!”

と声に出さなくても、頭のなかで、自己対話するだけで、無意識(潜在意識)に”私はダメだ”とか、”また上手くいかない!”という刷り込みが起こり、セルフイメージが形成されます。

セルフイメージと現実(内と外)

セルフイメージを内側、現実社会を外側とすると、ここでも鏡の法則が働き、

内側の”ダメな自分、また上手くいかない”の鏡映しが、外側の”ダメな自分、また上手くいかない”になります。

そして、その外側の自分を、視覚、聴覚、体感覚で感じ、それをフィードバックすることで、内側がより上書きされ、ダメなセルフイメージにより臨場感が生まれます。

負の連鎖から抜け出す

この負の連鎖から抜け出すためには、セルフトークを変えることで、セルフイメージを変えるということになります。

たとえば、なにかうまくいかない状況が起こったときに、


  1. ダメなセルフトークの例

    ”あー、ダメだ、またか!”
    ”また、うまくいかないじゃないか!”

  2. よいセルフトークの例

    ”今回は、うまく行かなかったのは自分らしくない!”
    ”次はきっとうまくいくし、うまくいかせる!”

という前向きなセルフトークに意識的に変えることで、セルフイメージ(自分に対するイメージ)を変えることができます。

あなたに起こっている現実は、鏡映しである

あなたの周囲の環境、目の前の現実は、あなたの無意識(潜在意識)が作り出したものですが、元々はあなたの自己対話(セルフトーク)などがセルフイメージとなり引き起こしているわけです。

脳の中のセルフイメージを無意識が現実化しようとして、今の現実があります。

ですから、目の前に起こっている現実を変えたければ、内側(セルフイメージ)を変えればよいということになります。
そのためには、自己対話(セルフトーク)を変えることで、セルフイメージを変えればよいということになります。

私のセッションでは、霊的な現実と、無意識の恐怖心やセルフイメージを変えることで、問題解決を図っています。

今日のお話はここまでです。

あなたのお役に立てれば嬉しく思います(*^^*)


The following two tabs change content below.
幼少の時から霊媒体質で、10歳から18歳まで神道で修行をする。 15歳の時に、学校の図書館で気功の本に出会い、その通りやったらすぐできるも、飽きて2週間でやめる。 社会人になり、霊媒体質のため、日常生活で憑依されることがおおく、その対策のため、密教の作法、レイキを学びフル活用する。 人見知りで、他人の目を見て話すことができなかったため、コミュニケーションについて徹底的に学び克服、その背景には、催眠、NLPがある。 金融・不動産・ネット通販に精通している。 宅地建物取引士・行政書士
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】