天使と悪魔

霊能力を活用して現世を生きやすくする霊能力者 柳生 忠司です。

前回、鏡の法則についてお話しました。

今日もその続きで、セルフイメージと現実についてお話したいと思います。

セルフイメージと現実は鏡映しである

まず、セルフイメージとは何か定義しておきます。

セルフイメージとは、

自分の自分に対するイメージ、評価、思い込み、アイデンティティ。

たとえば、

Ex.私は英語が苦手だ。
Ex.私って掃除が苦手な人じゃないですか。
Ex.人前で話すことを考えただけで逃げ出したくなる。
Ex.私が貧乏をするとか、考えられないです。
Ex.私は125歳まで元気で生きるつもりです。
Ex.私は、この世に存在するだけで素晴らしい人間である。

これ、すべてセルフイメージなんですね。

謙遜の入った皮肉をいう

セミナーやセッションをさせていただいていて、健康についてお話させていただく機会があるんですが・・・

よく、”老い先短い”だとか”あと何年生きられるかわからない”とおっしゃる方がいらっしゃいます。

これ、謙遜が入ったご自分に対する皮肉かなと思うんですが・・・


「私は老い先短い」と自分自身に呪いをかけているようなものなのですよね?

自分の思考で発想して、それを筋肉を動かして口で言って、その音を耳で聞いて、それを脳がもう一度処理することで、”私は老い先短い”という脳みそのシワが上書きされて太くなることで、よりリアリティを感じるということになります。

軽い皮肉を込めた謙遜をするたびに、無意識領域(潜在意識)に「私は老い先短い」と刷り込んで、どんどん臨場感をあげているわけです。

無意識領域の臨場感が高まることで、無意識は刷り込まれた情報を現実化しようと必死に頑張りますし、無意識は臨場感が高い方を現実だと思い込みます。

ですから、”私は老い先短い”と言う方は、実際にそう思っていなくても、無意識は、本人を嘘つきにしてはいけないと解釈して、どんどん現実にしようとするわけです。

そして、このような無意識領域(潜在意識)への刷り込みがセルフイメージへとつながり、人格を形成します。

なので、セルフイメージを下げるような言動は慎むべきです。

(次回に続きます)


The following two tabs change content below.
幼少の時から霊媒体質で、10歳から18歳まで神道で修行をする。 15歳の時に、学校の図書館で気功の本に出会い、その通りやったらすぐできるも、飽きて2週間でやめる。 社会人になり、霊媒体質のため、日常生活で憑依されることがおおく、その対策のため、密教の作法、レイキを学びフル活用する。 人見知りで、他人の目を見て話すことができなかったため、コミュニケーションについて徹底的に学び克服、その背景には、催眠、NLPがある。 金融・不動産・ネット通販に精通している。 宅地建物取引士・行政書士
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】