天使

霊能力を使うことで現世を生きやすくする霊能力者 柳生 忠司です。

実は、東京行く日、ほんと大変でした。

お酒飲んでないのに2日酔のような状態で、下を向いただけで吐き気するんですね(笑)
新幹線のシートに座って、寝ようと目を瞑ると、気持ち悪いんですよ。

死霊とか生霊とかのレベルと違って、きっつい霊障で、思いっきり介入されてたわけですが、今日はとっても元気です。

さて、今日は体や神様のデータ(地図)についてお話します。

私、セッションのときのことって、トランスに入りながらやっているので、半分ぐらいしか覚えてないんですが、私の無意識はよく覚えているようです。

以前にツインセッションを受けて下さったクライアント様を遠隔(音声通話)で除霊させていただいたのですが、そのクライアント様の情報がすごい速度で伝わってくるんですね。

遠隔で除霊をさせて頂くとき、お会いしたことのない方の場合は、精度を上げるとリーディングに結構時間がかかるのですが、過去にセッションを受けていただいている方の場合は、本当に早いです。

これって、私の脳(無意識)の中に、そのクライアント様の体の状態データ(地図)が入っているからなんですが、対面で1時間セッションをさせていただくと、無意識の中でとてつもない量の情報のやり取りがされます。

ですので、以前にセッションを受けていただいた方を除霊する場合は、短時間でできるわけです。

その反対に、まったく会ったことのない人を遠隔で除霊するのは、かなり面倒です。
まあね、もちろん出来るんですよ、しかし、同じようにやっても伝わる情報量が不足しているんで、精度が落ちるんですね。ですから、それを補おうとすると時間がかかるということなんです。

実はこれ、人だけではなく神様についても同じなんです。所縁の深い神様は、神様のデータが無意識に入っていますし、一度訪れた神様にはデータが入るんですね。

ですから、神様にコンタクトするとき、一瞬でできるわけです。

このデータ、前世のものでもうまく使える場合があります。私の霊能力って、現世では思い出したり、整理したり、練習したり、ブラッシュアップしたりという程度ですからね。

モーツァルトが、7歳で作曲を初めたという話を聞いたことがあるのですが、これって音(楽)に対するデータ(地図)が前世で完璧にできあがっていて、それをもとに作曲したってことだと思うんですよね。

神童っていますけど、努力だけじゃないと思うんですよ。絶対にデータ持っていると(笑)

何が言いたかったかというと、無意識に入っている現世のデータや魂のノートに書かれている前世でのデータ、これ重要だなと思います。


要は、データ(地図)があると、遠隔で除霊する場合でも超短時間でできるし、前世のデータがあると神童にもなれるし、神様のデータがあると即繋がれるというお話でした。

※あくまでも個人の見解なんで、細かいこと言わないでね(笑)


The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】