除霊を通じて、現世を生きやすくする霊能力者の柳生忠司です。

昨日から、事務作業というか宿題をやっていて、パソコンに張り付くこと2日目です。

でも、それだけだと時間が勿体無いので、バッハを聞いて神経を整えています。(神経というのは、自律神経のこと)

モーツァルトが頭にいいとか言うわけですが、感受性の高い私としたら、バッハいいですね。

なんというか、音階が幾何学的というか、数学的なんですよね。

クラシックってあまり聞いたことなくて、バッハとショパンとパガニーニぐらいだったんですね。

それが、最近ではitunesがあるんで、(定額聴き放題)なので、興味がわいたものは全部聞いています。

そうそう、前にこのブログで書いていますが、

【要注意】528Hzソルフェジオ周波数の音源について

リラックスしたいときや、神経を休めたいときは、A(ラ)の音が440Hzになってないものを聴く方がいいです。

神経を整えたいときは、クラシックがいいです。


じゃあ、ロックはどういう時に聴くのかということですが、攻撃的にいきたいときです。

ハードロックとか、ヘビーメタルとかデスメタル(笑)


わたくし、クラシックがよくて、ロックが悪いと言っているのではありません。

その用途によって使い分けが大事といっているのです。


家の掃除するときは、ロックがいいですし、リラックスしたり、深く考えたり、トランスに入るときはクラシックがいいです。



The following two tabs change content below.
幼少の時から霊媒体質で、10歳から18歳まで神道で修行をする。 15歳の時に、学校の図書館で気功の本に出会い、その通りやったらすぐできるも、飽きて2週間でやめる。 社会人になり、霊媒体質のため、日常生活で憑依されることがおおく、その対策のため、密教の作法、レイキを学びフル活用する。 人見知りで、他人の目を見て話すことができなかったため、コミュニケーションについて徹底的に学び克服、その背景には、催眠、NLPがある。 金融・不動産・ネット通販に精通している。 宅地建物取引士・行政書士

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】