除霊を通じて現世を生きやすくする霊能力者 柳生 忠司です。

今日は、私の近況についてお話しようと思います。

私ごとですが、今年(2017年)の1月に滋賀から京都に引越してきました。

とりあえず、賃貸の集合住宅に住んでいるんですが、隣の部屋の入居者がころころ替わり、今は空き家になっています。

引越してきて、まだ半年なんですが、隣の部屋どうも怪しいなぁと思ったので、ちょっとリーティング(霊視)してみたんですよ。

そしたら、オバケいるんですね(笑)

まあ、オバケといっても、そんな大したものではなくって、キツネの霊体のような感じなのです。

コンタクトしてみると、結構いたずらして怖がらせて遊んでる感じだったのですが、入居者が出ていってしまったら、いたずらのしようがないから、加減しとかなあかんのに、出て行かれて、アホやなぁって・・・そんな会話をしておりました(笑)

そのキツネのような霊体は、こちらからコンタクトしていくと相手してくれるんですが、私には全く興味がないようで、完全無視、スルーです(笑)

なんで無視するのか聞いてみたら、はっきり言わないんですが・・・たぶん除霊されたらイヤなんでしょうね。

まあ、スルーしてくれていいんですけどね(笑)


私としたら、隣にキツネがいてくれるお陰で、入居者が居付かず静かで快適です。

まあ、新しい人が入ってきても、キツネと相当相性がいい人以外は無理でしょうね。

こうやって、ある程度霊力が使えるようになると、神様や霊体とコンタクトしたりすることができるようになるので、結構面白いですよ。

実は、私のお手伝いをしてくれるキツネくんという霊体がいますので、機会があればその話もしますね。

今日のお話はここまでです(*^^*)


そうそう、家を除霊されたい場合や、神様や霊体とコンタクトすることをもっとお知りになられたい場合は、お気軽にメッセージくださいね。

メッセージリクエスト、友達リクエスト100パーセント承認します。


フェイスブックメッセンジャーから
  

LINE登録
 
AUでアップル製品をお使いの方は、 
友達検索→ @pjd7034r(@つけて)で検索してくださいね。

The following two tabs change content below.
幼少の時から霊媒体質で、10歳から18歳まで神道で修行をする。 15歳の時に、学校の図書館で気功の本に出会い、その通りやったらすぐできるも、飽きて2週間でやめる。 社会人になり、霊媒体質のため、日常生活で憑依されることがおおく、その対策のため、密教の作法、レイキを学びフル活用する。 人見知りで、他人の目を見て話すことができなかったため、コミュニケーションについて徹底的に学び克服、その背景には、催眠、NLPがある。 金融・不動産・ネット通販に精通している。 宅地建物取引士・行政書士
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】