縁起物 龍

原因と結果の事を仏教では、縁起といいますが、、、

龍使いの話を書いたら、龍は縁起物ですか?という質問をいただいて、ハッと思いました。

”縁起物=よいことが起こることを暗示しているもの”

私たちは、縁起と言えば、”縁起がいい”とか”悪い”とか良いことや、悪いことを暗示しているように解釈していますが、

縁起とは、仏教用語でいう、原因と結果を意味します。

釈迦が悟ったといわれている内容は、

開祖である釈迦は、「此(煩悩)があれば彼(苦)があり、此(煩悩)がなければ彼(苦)がない、此(煩悩)が生ずれば彼(苦)が生じ、此(煩悩)が滅すれば彼(苦)が滅す」という、煩悩と苦の認知的・心理的な因果関係としての此縁性縁起(しえんしょうえんぎ)を説いたが、部派仏教・大乗仏教へと変遷して行くに伴い、その解釈が拡大・多様化・複雑化して行き、様々な縁起説が唱えられるようになった

”煩悩を捨てれば、苦がなくなる”

その当時、苦から脱出することがテーマだったんだと思います。


縁起思想、、、原因と結果といえば、ジェームス・アレンの原因と結果の法則です。


わたしたちが生きている物理社会において、縁起(原因と結果)は、常に作用しつづけています。


別に、仏教用語の解説をしようと思って書いたんではないんですが、、、

何が言いたかったかというと、今起こっていることは、すべてあなたの思想と行動のもたらした結果だということです。


ごく最近、私が少しスリムになったのは、

新しく始めた毎日のエクササイズが効いているとか、ほとんどお酒を飲んでないとか・・・

原因と結果は常に作用しています(笑)


縁起(原因と結果)の思想をすると、今の自分を客観的に見ることができますから、現世で生きやすくなります。

上手くいえませんが、思想・行動レベルで落とし込めるとすぐに人生が良い方にかわりはじめます。

お茶会やセッションでは、霊的な話だけでなく、無意識や思想など細胞レベルの話もしています。

今日の縁起の話はここまでです(^o^)

The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】