今日は、いつもと違ってちょっと辛口かもしれないですが、最近特に思っていることを書いてみます。


嫌われるの覚悟で・・・(笑)


私の考えるスピリチュアルとは、成果がでないと(人生が好転しないと)意味がないということです。


見えないものが見えたり、聞こえないものが聞こえたり、何かを感じたり、それ自体を否定しませんが、なんらかの成果がでないようでは意味がないと思っています。


それを能力だとして、生きていく役に立たない能力なんて何の意味もないと思います。

その能力を使って、昨日よりも今日が良くならないと意味がないということです。


はっきり言います。


楽しんでいるだけの「趣味のスピリチュアルは意味がない」ということ


たとえば、霊的に敏感になり、見えない力を使えるようになる

それで満足するのでは意味がない

その能力を活用して、成果を出してから満足すべきだと思います。


自分や家族の体が楽になったり

気持ちが楽になったり

生活が豊かになったり


今がよくなること、それが私の考えるスピリチュアルです。



The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。

最新記事 by 柳生 忠司 (全て見る)

【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】