初夏、どんどん夏になっていくこの季節、タコが美味しいですよね。

この間の記事→食品添加物はできるだけ摂らないで、季節のものを食べると身体にいいとお話しました。

今日、酢の物が食べたいなと思って、タコときゅうりの酢の物を作ってまして、ふと思い出しました。


タコの足先って捨てる人多いですよね!?


私も子供の頃に、母親からタコの足先には毒があると聞かされていました。

ですから、タコの足先は食べてはダメだと。


ご存知無い方もいらっしゃると思うので申し上げますと・・・

私は釣りが趣味でして、もちろんタコを釣りに行くときもあります。

それで、茹でて食べるわけですが、足先を食べたことがあるんですね。

そしたらですよ!


お腹が痛くなったりするどころか、これまた美味しいんですよ(^o^)


毒が無いどころか、めちゃめちゃ美味いわけです(笑)

それで、タコの足の毒について調べましたら・・・毒があるとか、まったくなにも根拠ないんですね。

イカの場合、足が8本で触腕が2本あって、その触腕は、いろいろなものを触ってるので、吸盤の中にばい菌を持っているので食べちゃダメということになっています。

それならわかるんですが、タコって全部足?で触腕とかないし、そんなこといい出したらタコ自体をたべられなくなります。

100歩譲って火を通したら雑菌死ぬから大丈夫という話になるのですが、タコの刺し身とかタコのぶつ切り(タコぶつ)って、茹でたものを切っているので、雑菌死んでるわけですよ。

タコの足に毒があるという話ですが、、、はっきり言ってこれ迷信です

ここで、よく考えてください!

足先に毒があったら、スーパーで売ってますか?

タコの足先食べて食中毒や腹痛なったりしたら、そもそもスーパーのお魚コーナで売らないし、、、

もし仮に、タコの足先に死ぬぐらいの猛毒があったとしたら、フグのように食品衛生法で規制されますって!


じゃあ、なんでタコの足先を捨てるのかというと、諸説あるんですがね・・・

タウリンがめちゃくちゃ多いらしいんです。

タウリンといえば、タウリン1000mg配合のリポビタンDですよね。

1000mgというと、すごい入っているって感じなんですが、実は1gなんですね(笑)

タウリン1g配合ですわ(笑)


話を元に戻すと、タコの刺し身2〜3切れ食べたら、タウリン1000mgなんです。

で、足先はもっとタウリン多くて、

それを食べると・・・男性機能がとっても活性化して大変だーということで、

タコの足先には毒があるので、食べてはいけないとなったそうです。

タウリンの主な効果(疲労回復効果を除く)

  • 肝臓への効果

    (壊れた肝細胞の修復、肝機能強化、肝臓の炎症を抑えるなど)

  • 血圧を下げる、上昇を抑える
    心臓への効果(心臓の筋肉を保護、強心作用)
  • コレステロールを下げる、動脈硬化、脳卒中の予防
    (動脈への脂質の蓄積を抑制)
  • など

それで、なんの話かというと、、、

タコの足先毒があるから食べてはいけないというのは、迷信ですよってことが言いたいわけです。

迷信で思い出したんですが、お墓参りをして帰ってきたら家の前で身体に塩をかけて、足で踏むという儀式(私の家は浄土真宗)がありますが、これはっきり言って迷信なんですね。

お墓からついてきた霊を塩で祓うっていうんですよ。

私は基本的に除霊の専門家なんですが、

除霊の専門家の見地からいくと、そんなんで憑依している霊がとれるわけないじゃないですか(笑)

私の場合、霊が分かる人なんでそういうこと言えるわけですが、ほんま騙されすぎです。


タコの足先は毒が無いどころか、タウリン豊富なんで沢山食べたほうがいいですし、お墓参りにいって別に家帰ってきても塩身体にかけたり、踏んだりしなくていいです。

迷信には騙されないようにしてくださいね。

今日のお話は、ここまでです(^o^)

The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】