除霊を通じて現世を生きやすくする霊能力者 柳生忠司です。

もうすぐ、お盆ですよね。

お盆といえば、一般的に先祖の霊が現世に帰ってくると言われていますが、私たちを含め目に見えない霊たちにも一般化している概念なので、霊界から返ってくるかは別にして霊がうろうろしています。

お盆とは・・・

仏教用語の「盂蘭盆会」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。
盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。


実際のところ、不成仏霊とか浮遊霊がうろうろしていて、だいたい密度は、いつもの200%増しぐらいの感じです。

お墓は、ご先祖様のところに行くか、仕事で先祖供養を依頼されたときぐらいで、できるだけ近づかないようにしています。

 

さて、ここらへんでお盆についての霊界からのメッセージを書いておきます。

お盆でご先祖様がやってもらうと嬉しいこと

自分たち(ご先祖様のこと)を思い出して、その話をしてくれることが一番嬉しいようです。

おじいちゃんとか、曾祖父ちゃんはどんな人だったとか、どんな食べ物が好きだったとかです。

いつまでも自分たちのことを忘れないで、覚えていて欲しい。側にいることを感じて欲しいということです。

お墓の掃除・お墓参りは、できればしてくれると嬉しいということです。

絶対にやってはいけないこと

ご先祖様が困る絶対にやってはいけないことは、ご先祖様の存在を否定することです。

お墓は人が死んだ時に儀礼的にやっているものであって、人は、死んだら終わりとか、先祖の霊はいないとか、そういう風に思うと、ご先祖様にエネルギーが行かず、力が発揮できません。

ご先祖様のエネルギー

ご先祖様のエネルギー元は、私たち子孫が、ご先祖様を思い出したり、感謝したりすることです。お供物でもお経でもなく、思い出したりする行為であったり、感謝の気持ちです。

ですから、ご先祖様の存在自体を否定すると、子孫からのエネルギーが全く届かなくなりまったく力がなくなります。

補足

基本的に、ご先祖様って子孫に祟ったりしないものですが、稀に先祖からの因縁が霊障となって、家の中で一番生命エネルギーが弱いかったり、感受性がつよい者にお知らせとして現れる場合がありますので、ご先祖様で成仏できていない方がいる場合は、ちゃんと成仏できるようにしたほうがいいです。

まとめると、一番の先祖供養は、ご先祖様のことを思い出したり、話したりすることと、不成仏の方は供養して成仏していただく方がいいです。

今日のお話はここまでです(*^^*)


もし、ご相談がありましたら、メッセージいただければと思います。

●フェイス・ブックメッセンジャーから
(メッセージリクエスト100パーセント承認します)

●LINEから
(AUでアップル製品をお使いの方は、友達検索→ @pjd7034r(@つけて)検索してください)

The following two tabs change content below.
柳生忠司 幼少の時より霊感があり、10歳から神道で修行をする。 15歳の時に気功と出会い、2週間で出来るようになる。社会人になってからも、極度の憑依体質で、最高2000体の不成仏霊に憑依され死にそうになる。憑依体質を克服するために、西洋レイキ、密教の作法を学ぶことで霊能力を開花させ、除霊をマスターする。 毎月、東京・名古屋・京都・大阪でセッション・除霊講座を開催しており、2年間で1500名の指導実績がある。除霊実績15,000体。フェイス・ブック・LINE@登録者6000人。除霊動画の再生回数2万3000回。
【ライン友達を募集中です】

今なら!、ライン友達になってくださった方に、特典動画として、エネルギーレベルを高める秘訣を配信しています。

友だち追加

メルマガ登録のご案内

お名前【必須】
メールアドレス【必須】